サー・チャンドラシェーカル・ヴェンカタ・ラマンはインドの物理学者である。生涯、光学の研究に取り組み、インド本国で研究を行った科学者としてはじめてノーベル物理学賞を受賞している。

サー・チャンドラシェーカル・ヴェンカタ・ラマン
彼は物質に光を入射すると、散乱された光が入射光の波長と異なる波長の光を含んでいることを発見した。この現象は入射するフォトンと物質との間でエネルギーの授受が行われるために生じるものでラマン効果と呼ばれている。サー・チャンドラシェーカル・ヴェンカタ・ラマン
この散乱光と入射光のエネルギー差は物質内の分子、結晶の振動準位や回転準位、電子準位などに依存している事がわかっており、単色レーザーを用いて物質の同定を行うラマン分光法が広く用いられている。サー・チャンドラシェーカル・ヴェンカタ・ラマン
ラマン分光法は気体、液体、固体のいかなる状態の物質にも有効である。また、生物や人体組織などの複雑な物質の分析も可能であるため、様々な学術分野で活用されている分析方法である。

参考
Wikipedia

執筆者:當間

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目