光の干渉性は非常に重要な性質であり、レーザーなどの様々な光学機器に利用されている。その性を質確認する実験方法は学校の授業でも広く紹介されているだろう。ヤングの実験である。
トーマス・ヤング

トーマス・ヤングはイギリスの物理学者である。30代頃には王立研究所で自然科学の教授となり、はじめは医学的な側面から乱射や色の知覚を研究し、光学的な研究を行うようになった。その他にもエネルギーという概念をはじめて用いたり、ロゼッタ・ストーンのヒエログロフを解読するなど非常に多彩な知識を持つ人物であった。

トーマス・ヤング

ヤングの実験は光学において最も有名な実験の一つだといえるだろう。ヤングはこの実験により光が重なり合うことで強め合ったり、弱めあったりする、すなわち干渉するという性質をもつことを発見した。これは波が一般にもつ性質であるため、ホイヘンスが提唱した光の波動説を補強する重要な発見であった。

トーマス・ヤング

干渉は二つの光の重ね合わせによって起こる現象であり、同一波長の光において非常に観測されやすい。したがって別々の光源を用いるよりも、一つの光源を二つに分ける方が実験を容易に行える。この性質を利用するために二枚のスリットを使い、光が強めあったり弱めあったりしてできる干渉縞を観測しているのである。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目