ピメンテルはアメリカの化学者で、化学結合について現代でも参考にされるような名著を残している。彼の発明としては化学レーザーが広く知られている。

スクリーンショット 2017-09-26 18.08.42

化学レーザーは励起された分子による誘導放出を利用するもので、気体レーザーの一種である。
励起方法にはいくつかあるが、2種類の原子を混ぜて単純な化学反応を起こす方法や光分解や放電によって活性化された原子を他の分子と反応させる方法がある。

スクリーンショット 2017-09-26 18.08.51

酸素-ヨウ素化学レーザーやフッ化水素レーザーなど赤外線を放射するものが一般的で、出力はメガワットレベルに達するほど強い。切断や穴あけに用いられる他、弾道ミサイル防衛などの軍事分野にも利用されている。ただし、オゾン層に悪影響を与える有害なハロゲン化合物を大量に発生してしまう。
スクリーンショット 2017-09-26 18.08.58

レーザーには波長や励起の原理によって非常に多くの種類があり、それぞれに適したアプリケーションがある。
その活躍の場は現在も広がり続けており、様々な分野で有用なデバイスとして注目されている。

参考
・Wikipedia
・”George C. Pimentel” https://georgecpimentel.tripod.com/
・中村智也など,“ 新化学レーザー、世界初の発振に成功”,
社団法人応用物理学会, プレスリリース(2009).

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目