スティーブン・チューとウィリアム・ダニエル・フィリップスはともにアメリカの物理学者である。彼らは1997年にレーザー光により原子を極低温にし、捕捉する技術の開発が認められノーベル物理学賞を受賞している。

スティーブン・チュー

レーザー冷却とは、レーザー光により気体分子の温度を絶対零度近くまで冷却する手法のことであり、主に単原子分子、単原子イオンに用いられている。原子やイオンが光を吸収することによって光圧という力を光の進行方向へと受ける事を利用してレーザー冷却は実現された。

ウィリアム・ダニエル・フィリップス
原子同士の相互作用がほとんど起こらないような状況下で原子の両側からレーザー光をあてると、両側からの光圧により、原子は左右方向の運動が抑制され平均速度が減少する。
これを3次元の各軸方向で行うことにより原子の運動エネルギーを減少させる、すなわち冷却させることができる。

原子運動

この画期的な技術はボース=アインシュタイン凝縮や量子コンピュータの研究に利用されている。
開発者の1人であるチューはアメリカ政府からの信頼も得ており、オバマ政権時代にアメリカ合衆国エネルギー長官を4年間務めている。

参考
Wikipedia
https://georgecpimentel.tripod.com/

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目