カール・マンネ・イェオリ・シーグバーンはスウェーデンの物理学者である。スウェーデンで2番目に古く、近年の大学ランキングでは北欧圏最高位を獲得している名門ルンド大学で学び、教授を務めた。
その後には、スウェーデン最古の大学でノーベル賞者を15人も輩出しているウプサラ大学で教授を務めている。
カール・マンネ・イェオリ・シーグバーン

X線分光学の分野X線装置の改良など多くの業績をあげておりノーベル物理学賞を受賞した。
現在、医療など様々な分野で応用され、私たちの生活を豊かにしているX線は発見者であるレントゲンをはじめ、多くの科学者の努力によって発展してきたのである。

カール・マンネ・イェオリ・シーグバーン

ノーベル賞受賞後は研究の分野を原子物理の分野に移し、サイクロトロンの建設に取り組んでいる。1938年から約10年間は国際物理学会の会長を務めるなど精力的に活動を行った。
カール・マンネ・イェオリ・シーグバーン
ちなみに、息子のカイ・シーグバーンもスウェーデンで物理学の研究を行い、高分解能の光電子分光法によって化学分析を行う方法を発明している。
この功績が認められノーベル物理学賞を受賞したことで、シーグバーン家は親子でノーベル賞を受賞した数少ない家系となっている。

参考
Wikipedia
 
執筆者:當間

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目