光は波としての振る舞いをするため、コヒーレンス性をもつ。コヒーレンスとは波が位相の揃い具合による干渉のしやすさを指す言葉である。レーザーなどの光学素子はコヒーレンス性が重要な要素となるため、その研究が深められてきた。

スクリーンショット 2017-08-29 15.28.39

ロイ・グラウバーはアメリカの物理学者である。ハーバード大学で学び、18歳でマンハッタン計画(第二次世界大戦中の原爆開発計画)に参加している。
量子電磁力学を完成させ、ノーベル物理学賞を受賞したことで知られるジュリアン・シュウィンガーの指導の下、博士号を取得し物理学の研究を行っていた。
スクリーンショット 2017-08-29 15.29.05

“光学コヒーレンスへの量子論への貢献”によりノーベル物理学賞を受賞したグラウバーの論文は、波の性質であるコヒーレンスを量子論の観点から解明しており、量子光学の様々な分野で利用されている。
量子光学とは量子力学に基づいて光の振る舞いや、物質の相互作用を研究する学問分野である。

スクリーンショット 2017-08-29 15.29.34

グラウバーはノーベル賞のパロディで、人々を笑わせ、考えさせてくれる研究に対して送られるイグノーベル賞に長年関わっている教授である。
2005年に一度だけイグノーベル賞の授賞式を欠席しているが、その理由はノーベル賞の授賞式に参加するためであった。

参考
Wikipedia

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目