ロバート・ミリカンはアメリカの物理学者である。しかし、彼の最初の学位はオリベン大学で取得した西洋古典学の学士号であった。ある時、ギリシア語の教授に「ギリシア語で優秀な者なら誰でも物理学を教えられる。」という現代では考えられないような勧めを受けてそれまで全く縁のなかった物理学に励むようになる。

ロバート・ミリカン

その後、コロンビア大学で物理学の博士号を取得している。同学ではミリカンが初のPh.D.の取得者となっている。前述の通り、講師として物理学に携わりはじめた彼は教育熱心な物理学者であり、様々な入門者や教科書を執筆。その書籍は他の教科書より優れた練習問題が掲載されているとされ評判が良かった。

ロバート・ミリカン

ミリカンは電気素量、光電効果に関する研究の功績が認められノーベル物理学賞を受賞している。
電気素量は基本的な物理素量の一つであり、正確に求められる事が必要だった。その実験は油滴実験として有名である。小さな電極間に帯電した小さな油滴を重力に逆らって浮かせ、その力を測定する事で電気素量を求めた。ただし、現在使われている値はミリカンの測定値とは異なるものになっている。

ロバート・ミリカン

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目