光と磁力はどのように関係しているのだろうか。そもそも光が磁力によってなんらかの変化を受けることはあるのだろうか。その疑問をもって研究を行い、光学的に重要な発見をしたのがファラデーである。

マイケル・ファラデー

マイケル・ファラデーはイギリスの自然哲学者で特に電磁気や電気化学の分野で非常に多くの現象・原理を発見した。高等教育を受けていないにも関わらず、史上最も影響を与えた科学者といわれているファラデーは科学史上最高の実験主義者であり、アインシュタインは壁にニュートン、マクスウェル、ファラデーの絵を貼っていたといわれるなど、非常に尊敬を集めた科学者である。
マイケル・ファラデー

ファラデーは磁気によって偏光が回転する磁気旋光を発見した。この現象はファラデー効果と呼ばれ、レーザーの戻り光によるレーザーパワーの乱れなどを防止するアイソレータという光学素子に応用されている。アイソレータには次の画像に示すようなガーネットという材料が広く用いられており、光学系によって様々な種類のアイソレータが開発されている。

マイケル・ファラデー

ファラデーは磁気によって偏光が回転する磁気旋光を発見した。この現象はファラデー効果と呼ばれ、レーザーの戻り光によるレーザーパワーの乱れなどを防止するアイソレータという光学素子に応用されている。アイソレータには次の画像に示すようなガーネットという材料が広く用いられており、光学系によって様々な種類のアイソレータが開発されている。

執筆者:當間

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目