太陽光をプリズムに透過させると光が綺麗に分離する。これは光のスペクトルと呼ばれ、白色光が様々な色の光の重ね合わせによるものである事がわかる。この光のスペクトルは1666年に偉大な科学者アイザック・ニュートンによって発見された。

アイザック・ニュートン

アイザック・ニュートンはイングランドに生まれた科学者で、世界で最も有名な人物の1人であろう。様々な分野で功績を残しているニュートンであるが、1704年に発刊した『光学』(Opticks)において光についての研究をまとめている。ニュートンが発見した重要な光の性質の一つが光の分散である。

アイザック・ニュートン

ニュートンはプリズムを作製し、自然光を透過させることで光が波長ごとに分かれる分散を発見した。この発見により、光は本来白色であり、屈折される事で色を帯びる、という当時の常識を覆すものであった

アイザック・ニュートン

このスペクトルの発見により、18世紀頃から分光学が起こり、現代において様々な物性の評価に用いられている分光法に発展したのである。分光法による測定は非常に多岐にわたる分野で用いられているため、科学の探求においてなくてはならないものとなっている。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目