ヘンドリック・アントーン・ローレンツはオランダの物理学者で、1902年に教え子であるゼーマンとともにノーベル物理学賞を受賞している。”光の反射と屈折について”というテーマで博士号を取得し、ライデン大学で新設された理論物理学の教職を務めている。就任当時は24歳という驚きの若さであった。

スクリーンショット 2017-08-29 17.24.03

光と電気と磁気の関係を解明すべく電磁気の研究に注力していたローレンツは原子が荷電粒子で構成されていると予想し、電磁場中で運動する荷電子が受ける力を発見している。これはローレンツ力として高校物理でも教えられており、基本的な荷電子の運動として知られている。

スクリーンショット 2017-08-29 17.24.33

その後、”光速未満の速度で運動する系における電磁現象”という論文の中で、系によって時間の遅れが生じるという理論を展開した。これは後にアインシュタインが提唱する特殊相対性理論の種となっており、その理論的根拠から当時はローレンツ-アインシュタインの原理と呼ばれていた。

スクリーンショット 2017-08-29 17.25.01

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目