光学の研究はレンズなどの光学機器とともに発展してきた。最初に光学の発展を生んだのはレンズの開発であった。一方で光学や量子力学の研究が進むにつれて光学顕微鏡や原子顕微鏡などの重要な機器が開発された。
このように学問である光学と実際的な物質を扱う光学機器は互いに強く影響を与えあってきたといえる。

フリッツ・ゼルニケ

光学顕微鏡にはいくつかの種類が存在するが、その中でもコントラストを明瞭に写すことができる位相差顕微鏡は重要な発明であった。この顕微鏡のレンズには位相リングとよばれるリング状の位相膜と減光フィルタが加えられている。この位相差顕微鏡はゼルニケによって開発された。

フリッツ・ゼルニケ

フリッツ・ゼルニケはオランダの物理学者である。アムステルダム大学で学び、オランダで2番目に古い由緒あるフローニンゲン大学で教授となった。
光学の研究を行っていた彼は反射回折格子を使うことで光の位相位置が観測できることを発見し、その発見の6年後に位相差顕微鏡を完成させた。
この発明によりゼルニケはノーベル物理学賞を受賞している

フリッツ・ゼルニケ

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目