フラウンホーファーはドイツのガラス職人の家庭に生まれ、ガラス研磨の技術や優れたレンズを開発した光学機器製作者であり、物理学者である。
彼の名前から名付けられたフラウンホーファー研究機構は欧州最大規模の応用研究機関である。広く利用されている音声圧縮技術のMP3の圧縮アルゴリズムはフラウンホーファー研究機構で開発されたそうだ。

フラウンホーファー

フラウンホーファーは事故により両親を亡くし、孤児として日曜学校に通う中で勉学に励んだ。そのとき指導を受けていたウッツシュナイダー知事からガラス研磨の仕事を与えられ、ガラス工場で働くようになった。働きはじめてからは、工場内での不和もあったようだが、最終的には工場の切り盛りをするようになり光学ガラスの性能向上に尽力した。

フラウンホーファー

フラウンホーファーはプリズム分光器を作製し、太陽光のスペクトルを観察した。すると、分光され連続的に色が変化しているはずのスペクトル中に無数の暗線があることを発見した。後に他の科学者によって、この暗線は太陽大気に含まれる水素やカルシウム、ナトリウムなどの物質が特定の波長を吸収するために生じていることがわかった。

フラウンホーファー

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目