光の回折とは非常に小さい隙間を通過した光が波長の長いものから外側に回り込むように折れ曲がる現象のことである。
雲が薄く広がっていたり、霧がかっている日に太陽の回りに丸く虹がかかったように見えることがある。この光の輪っかを光環というのだが、回折による現象であることが知られている。回折はどのようにして発見されたのだろうか・・・
フランチェスコ・マリア・グリマルディ

図1.光の回折

光の回折はイタリアのフランチェスコ・マリア・グリマルディにより発見された。グリマルディは絹商人であった父の下、経済的に豊かな家に育ち、ボローニャ大学の教授、イエズス会の司祭として17世紀を生きた科学者である。光の回折以外にも落体の自由落下や月の表面について研究を行い、ニュートンやホイヘンスなど多くの科学者に影響を与えたといわれている。

フランチェスコ・マリア・グリマルディ

図2.フランチェスコ・マリア・グリマルディの肖像画

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目