シュレディンガーはオーストリアの理論物理学者である。父はバイエルン王国出身であり、広い教養を持つ人物として知られており、その影響を受けたシュレディンガーは自然科学だけでなく、詩や哲学についても学んだという。
かつてはその肖像がオーストリア紙幣に刻印されていた。

スクリーンショット 2017-08-29 15.46.12

シュレディンガーは量子力学に波動的取り扱いを加えた波動力学を提唱した。シュレディンガーの方程式やシュレディンガーの猫についての理論を展開しその発展に大きく貢献した。

スクリーンショット 2017-08-29 15.46.35

上に述べたように哲学にも興味を持っていた彼は、ヒンドゥー教のヴェーダーンタ哲学に強く影響を受けており、量子力学の基礎になった波動方程式は東洋の哲学の諸原理を記述したものであるなどと語っている。
私生活においても結婚制度を認めておらず、奔放な暮らしをしていたとされるなど一風変わった人物であることが知られている。
スクリーンショット 2017-08-29 15.47.13
シュレディンガーが理論物理学を志す大きなきっかけとなったのは大学時代に学んだボルツマンの学説であった。後に「ボルツマンの考えた道こそ科学における私の初恋と言っても良い」と述べており、その影響の大きさがうかがえる。
憧れのボルツマンと同じ道を生きたシュレディンガーは常にその探究心を燃やし続け、多くの功績を残していったのである。

参考
Wikipedia

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目