アーサー・レナード・ショーローはアメリカの物理学者である。コロンビア大学にポスドクとして所属している際には、メーザーを開発したダウンズの下で学び、後のレーザーの発明に繋がる知見を得ている。
アーサー・レナード・ショーロー

レーザー理論を導くために用いられた光学の理論がいくつか存在するが、アインシュタインが1917年に執筆した”放射の量子論について”という論文はその中でも最も基礎的なであった。
電磁放射の吸収・自然放出・誘導放出がアインシュタイン係数を用いて数学的に記述された事はレーザーの発明にとって非常に重要な事である。[
アーサー・レナード・ショーロー

また、レーザーの原理に重要な理論にカストレルによって導かれた光ポンピングがある。光ポンピングとは光を用いて原子や分子内の電子を低エネルギー準位から高エネルギー準位に遷移させる操作のことで、レーザー発振のために必要不可欠な反転分布状態を作り出すことができる。

アーサー・レナード・ショーロー

他にもいくつかの理論を土台にして行ったレーザーの理論研究によりノーベル物理学賞を受賞したショーローであったが、常に超電導や核磁気共鳴を行うなど精力的に新技術の開発を行っていた。
ノーベル物理学賞を受賞した後にはスタンフォード大学で名誉教授を務め、アメリカの物理学会でレーザー科学におけるアーサー・L・ショーロー賞が設けられるなどその功績は広く認められている。

参考
Wikipedia

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目