アルベルト・アインシュタインはドイツの理論物理学者である。20世紀最大の物理学者、現代物理学の父と呼ばれこれまでの物理学の考え方を変革した科学者である。彼の功績としても最も有名なのは特殊相対性理論及び相対性理論の提案であるが、他にも零点エネルギーや半古典型のシュレディンガー方程式を提唱している。

スクリーンショット 2017-08-04 16.40.20

20世紀における物理学上の革命といわれる相対性理論はアインシュタイン以前から理論的に展開されていた。それを基にニュートン力学とマクスウェルの方程式から物理学の体系を再構成したのが相対性理論である。この解として宇宙は膨張あるいわ収縮しているという結論が得られるが、彼は静的な宇宙が得られるような補正を行なった。後にエドウィン・ハッブルによって宇宙の膨張が確認されると彼は人生最大の失敗と述べているという。

スクリーンショット 2017-08-04 16.40.24

特殊相対性理論は質量や長さ、同時性といった概念は観測者のいる慣性系によって異なる相対的なものであり、唯一不変なものは光の速度のみであるとした理論である。さらにアインシュタインは重力及び電磁界を統合する統一場理論を構築しようと試みていたが、それが完成する前にこの世を去っている。

スクリーンショット 2017-08-04 16.40.33

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目