媒質を連続体と考えれば、マックスウェルの方程式から、

Formula 4.74

(式1)

を得る。右辺の第2 項は、振動子モデルの減衰項に相当する。電界の時間変化によって交流電流が流れる。媒質は抵抗性であるから、光は熱エネルギーに転化される。
誘電率(従って屈折率)を複素量として再定義すれば、減衰を受けない波動方程式と同じ形にこの式を書き換えることができる。複素屈折率

Formula 4.75

(式2)

を非導電性媒質の場合の解に代入するだけでよい。式2で、nR・nIは共に実数である。y 方向に伝搬する平面波の電界は

Formula 番号なし(6)

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目