式1の総和は、複素平面上のベクトル加算として図示できる。電気工学分野では複素振幅は位相子として知られる。大きさと位相を使ってE0∠αと略記することがある。

Formula 計算式なし(8)

で示される波動を考える。図1a には、角速度ωで反時計方向に回転する長さE01のベクトルを描いている。垂直軸への射影がE01sin(ωt + α1)となる。余弦波の場合は水平軸への射影を考えればよい。回転ベクトルが位相子 E01∠α1である。R・I は各々、実軸・虚軸を示す。

Figure 7.6

図 1 位相子の加算

第2 の波動

Formula 計算式なし(9)

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目