調和波を複素表現すると数学的に便利な場合が多い。

Formula 計算式なし (6)

を複素表現で

Formula 計算式なし(7)

(式1)

と書く。式1の実部のみが物理的意味を持つ。x 正方向に伝搬するN 個の波動の重ね合わせ結果の波動を

Formula 計算式なし(7)

とすると

Formula 7.25

(式2)

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目