レンズに入射した光線群が、像面でどのような分布になるのかを描いた図をスポットダイアグラムという。図1は、f = 100 mm、有効径20 mmの平凸レンズの球面収差を表したものである。点像のボケの直径は0.08 mmである。
なお、有効径とは、レンズに入射する光束の直径である。レンズは通常、図2のようにレンズを固定するための枠があり、その内径が有効径となる。ただし、レンズの前に絞りなどがある場合は、その絞りの内径が有効径となる。

図1: 平凸レンズのスポットダイアグラム例(f = 100 mm、有効径20 mm)

図2: 有効径

単レンズの場合、球面収差による点像のボケの直径は、レンズの有効径の3乗に比例することが知られている。そのため、絞りでレンズの有効径を小さくすると、球面収差は急速に小さくなる。

球面収差を小さくする方法として、有効径を小さくすること以外に2つの方法がある。

凹レンズと組み合わせる

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目