スネルの法則とは光の屈折を説明するための法則である。具体的には、2つの異なった種類の媒質(固体、液体、気体など)があるとき、その境界面に入る光の角度と、出ていくときの角度の関係を示した式である。

媒質の境界面に対して垂直の線を法線といい、法線に対して光が入ってくる角度を入射角、一方、光が出ていく角度を出射角と呼ぶ。

光が入る1つめの媒質(図1では媒質1)の屈折率をn1、光の入る入射角をθ1、光が出ていくときの2つ目の媒質(媒質2)の屈折率をn2、光の出射角をθ2とすると、スネルの法則は次式として記述される。

図1: スネルの法則

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目