次式の調和波動関数を元に位相と位相速度を考える。
2.26
波動の位相φは正弦関数の全偏角なので、

2.26-2
となる。x = t = 0の時、波動関数はψ(0,0)=0となるが、これは特殊な場合である。一般には初期位相εを用いて

2.28
と表すことが出来る。

上式で示す波動の位相φ(x,t)は
2.28-2
であり、xtの関数であることがわかる。実際に、下式で表されるように、角周波数ωは位相の時間変化率であり、伝搬定数kは位相の位置変化率である。

2.30
2.31

ここで、”位相が一定値となる位置” の時間変化率を考えると、
2.32
となるため、角周波数と伝搬定数を用いて
2.33
を得ることが出来る。これは波動の位相速度として知られている。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目