シリンドリカルレンズ

シリンドリカルレンズはかまぼこ型のレンズである。図1のように、レンズ作用をもつ断面と、レンズ作用のない断面がある。そのため、平行光を入射すると、線状に光が集光される。

図1: シリンドリカルレンズ

複数のシリンドリカルレンズを組み合わせると、縦と横で倍率の異なる光学系を作ることができる。この光学系はアナモルフィック光学系と呼ばれ、映画の撮影や上映器具に応用されている。

トロイダルレンズ

トロイダルレンズはドーナツの表面やビア樽のように、縦方向と横方向で曲率半径が異なる面を持つレンズである(図2参照)。乱視用メガネやレーザープリンターに使用されている。

図2: トロイダルレンズ

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目