シリンドリカルレンズ

シリンドリカルレンズはかまぼこ型のレンズである。図1のように、レンズ作用をもつ断面と、レンズ作用のない断面がある。そのため、平行光を入射すると、線状に光が集光される。

図1: シリンドリカルレンズ

複数のシリンドリカルレンズを組み合わせると、縦と横で倍率の異なる光学系を作ることができる。この光学系はアナモルフィック光学系と呼ばれ、映画の撮影や上映器具に応用されている。

トロイダルレンズ

トロイダルレンズはドーナツの表面やビア樽のように、縦方向と横方向で曲率半径が異なる面を持つレンズである(図2参照)。乱視用メガネやレーザープリンターに使用されている。

図2: トロイダルレンズ

フレネルレンズ

フレネルレンズは薄板にギザギザの突起を付けたレンズである。プラスチックで作製されることが多く、薄くて軽く加工しやすい。色々な傾斜のプリズムを多数平面状に配置している。各傾斜は凸レンズのカーブと同じで、レンズに入ってきた光は、それぞれのプリズムによって、凸レンズのように屈折して出て行く。表面に段差があるため、シャープな像を作ることはできないが、大型テレビや一眼レフのファインダー、携帯用の虫眼鏡などに利用されている。

図3: フレネルレンズ