全ての現実の波動は、始まりと終わりがあるため(孤立)パルスとみなせる。このようなパルス波形を扱うために、非周期関数の解析が重要である。
搬送波周波数の周りに、両側対称に正弦波成分を加えても搬送周波数は変化しない。調和成分をもとに、希望の包絡線を持つ孤立(連波)パルスを生成するには、
どの周波数にどの強さを加えるかを決める必要がある。

参考文献

E. Hecht 著、尾崎義治・朝倉利光 訳「ヘクト 光学 I 」第9版 丸善(2013)

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目