像のできる位置と倍率①で説明した結像式を使って、下記の例題を解いてみよう。

例題:
焦点距離50mmのレンズがあるとする。このレンズを使って、直径20mmの1円玉を10倍に拡大した像を作るには、1円玉とレンズをどのように配置すればよいだろうか?また、どの位置に像ができるのだろうか?

この問題を解くには、像のできる位置と倍率①にある、式1を利用する。

f=50mm、M=10を式1に代入すると、

となる。つまり、レンズの前側焦点から5mm前方に1円玉を置けばよいことになる(図1参照)。

一方、10倍の大きさの像の位置は②式を利用でき、f=50mm、M=10をそれぞれ代入すると、

となり、レンズの後側焦点から500mmの位置に像ができることがわかる。

像を拡大するときは物体をレンズの近くに置かねばならず、像はレンズから離れた場所にできることになる。

図1: 1円玉の置き場所像のできる位置