像のできる位置と倍率①で説明した結像式を使って、下記の例題を解いてみよう。

例題:
焦点距離50mmのレンズがあるとする。このレンズを使って、直径20mmの1円玉を10倍に拡大した像を作るには、1円玉とレンズをどのように配置すればよいだろうか?また、どの位置に像ができるのだろうか?

この問題を解くには、像のできる位置と倍率①にある、式1を利用する。

f=50mm、M=10を式1に代入すると、

となる。つまり、レンズの前側焦点から5mm前方に1円玉を置けばよいことになる(図1参照)。

一方、10倍の大きさの像の位置は②式を利用でき、f=50mm、M=10をそれぞれ代入すると、

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目