光を光子の流れと考え、その量子1 個が(例えば、空気-ガラス)境界に角度θiで入射しているとする。光子は原子に吸収され、続いてうり二つの光子が角度θtで透過していく。

光子の運動量ベクトルp は、

Formula 番号なし(1)

である(放射圧と運動量を参照)。ここで、k は伝搬ベクトルである。入射運動量と透過運動量は各々、pi= (h/2π)ki・pt= (h/2π)ktである。

境界に平行な運動量成分が連続とすると、

Formula 番号なし(2)

である。

古典的には物質粒子の運動量は速度に依存している。nt> niならpt> piとなり、光の粒子は速度を増すことになる。しかし、光ビームの速度は減速する。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目