下記に加え、フレネルの公式もご覧下さい。

振幅および放射束密度の反射率・透過率を考察する。また、反射・屈折に伴う位相変化を考える。

振幅係数

垂直入射に近い(θi≈0)ときtanθi≈ sin θiだから、振幅反射係数r//・rと振幅透過係数t//・tは、フレネルの公式の式21から、

Formula 番号なし(6)

正弦関数を展開しスネルの法則を用いると、

Formula 4.46

(式1)

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目