屈折率分布レンズ

レンズ表面の屈折を利用しないレンズとして、屈折率分布(Gradient index, GRIN)レンズというものがある。このレンズは、内部に屈折率の勾配をつけることによって、光を曲げて結像作用を持たせている。内部にいくほど屈折率を高くするように作製すると、図1のように光を集光することができる。

図1: 屈折率分布レンズ

回折レンズ

回折レンズは、レンズ表面に微細パターンを施したレンズである。この微細パターンによって光が回折され、レンズと似た作用を生じさせることができる。図2はフレネルゾーンプレートと呼ばれる回折レンズで、同心円の微細パターンが施されている。この回折レンズは凸レンズと同じように光を集める作用がある。

図2: フレネルゾーンプレート

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目