内部全反射が生じているときの電界を考察する。振幅反射係数r・r//は、フレネルの公式を書き換えて、

Formula 4.70

(式1)

Formula 4.71

(式2)

となる。sin θc= ntiであるから、θi> θcではsin θi> ntiとなり、rもr//も複素数になる。
この場合も、rr* = r//r//*=1(*は複素共役を示す)つまりR = 1 であり、Ir= IiでIt= 0を意味する。
透過波は、平均すれば境界を越えてエネルギーを運ぶことはない。このときの電界の様子を考察する。透過波の電界は、

Formula 番号なし(1)

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目