レンズの収差には、像が歪む現象が存在する。それが、歪曲収差(ディストーション)である。通常は、物体とレンズの像は相似が理想であるが、像の周辺で縮んだり、伸びたりして、像が歪むことがある。

像の端ほど、より縮む場合、樽型のディストーションと呼ぶ。一方、像の端ほど、より伸びる場合は、糸巻き型のディストーションという。

図1:ディストーション

ディストーションは、絞りの位置によって変化し、対称形レンズの中央に絞りを置くとキャンセルすることができる。凸単レンズの場合、絞りがレンズの像側にあれば、糸巻き型のディストーションになり、一方、物体側に絞りを置くと樽型のディストーションになる。

ディストーションは、理想像高をy’、実際の像高をYとしたとき、次式で表される。

なお、理想像高y’は以下の式で表すことができる。

・物体が無限遠のとき

・物体が有限距離のとき

ここで、fは焦点距離、θは半画角、Mは倍率、yoは物高である。