像面湾曲

レンズに入ってきた光のうち、光軸から離れた物体からの光は、必ずしも平面上に結像しない。この現象を像面湾曲と呼ぶ。図1に、像面湾曲を示す。

図1:像面湾曲

像面湾曲が発生した場合、中心ではシャープな像が見えるのに対し、周辺ではぼけた像になる。ピント位置をずらしていくと、逆に中心の像がぼけ、周辺像が除々にシャープになる。