レンズは表面の形状によって分類でき、主に下記の7種類に分けられる。

表面での屈折を利用するレンズ

表面での屈折を利用するレンズは、一定の屈折率を持っている材質を用いているので、レンズ内では光は直進する。

球面レンズ

球面レンズの表面は、ある点からの半径が一定である球形の一部分をなしている。このときの半径を曲率半径という。

非球面レンズ

球形以外の曲面からできているレンズで、放物面や多項式で表される面を持つ。

シリンドリカルレンズ

円柱面のレンズである。

トロイダルレンズ

ビア樽やドーナツ表面のように縦横の曲率半径が異なる面を持つ。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目