光学実験で使用される光学素子用のガラスには、内部の屈折率が均質で光の吸収が少ないガラスが使用される。このようなガラスは光学ガラスと呼ばれている。主な光学ガラスの種類と屈折率を表1に示す。

表1:主な光学ガラス(波長588 nm)
材質 屈折率 備考
BK7 1.5168 代表的なクラウンガラス
多くのレンズで利用
F2 1.6200 代表的なフリントガラス
SF1 1.7174 重フリント

これらの光学ガラスはどれも光の吸収が少なく、例えば、BK7は100mmの厚さでも光の吸収率が1.6%しかない。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目