レンズによって形成された像の端側をよく見ると、縦線と横線のピント位置がずれていることがある。これが、非点収差である。光軸を中心とした同心円の像と、光軸を通る放射線の像のピント位置が、光軸から離れるにしたがって異なってくる。

図1は、同心円と放射線を組み合わせたチャートを用いた非点収差の検査例である。縦線がボケていることがわかる。

図1:非点収差の検査

レンズを斜めから見ると、縦方向と横方向の曲率が異なって見える。この曲率の違いが非点収差の発生する原因である。例えば、f = 100 mmの平凸レンズの場合、図2のように画角10°で2.9 mmの非点収差(ピントの位置ずれ)がある。

図2:ピント位置のずれ

非点収差は絞りの位置によって変化し、レンズの曲率を適切に選ぶことでも少なくすることができる。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目