1666年にニュートンが太陽のスペクトルを詳しく調べた。太陽の可視域のスペクトルは温度約6000Kの黒体放射に近く、スペクトル強度がもっとも強いのは青から緑色の0.44~0.5μmの波長間である(参考:光環境と植物 第7回(山本晴彦)-植物における太陽エネルギーの光収支)。

太陽光は白色に見えるが、白色とは色々な色の光が混ざった光である。そして、光の色は、光の波長と関係する。下の図は、色と波長の関係を示したものである。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目