動物が生きるためには、酸素と炭水化物(栄養)が必要である。植物は、水と二酸化炭素を取り込んで、酸素と炭水化物を作ることができる。植物は、この重要な仕事をするために、光のエネルギーを使っているので、この仕事を「光合成」と呼ぶ。

植物は、根などから水を取り込み、葉っぱの葉緑体に送る。葉緑体の中には、葉緑素という色素(色のもと)があって、光(太陽の光など)のエネルギーを吸収する。葉緑素によって吸収されたエネルギーによって、水(H20)は、水素(H2)と酸素(O2)に分解される。次に、水を分解してできた水素と、葉っぱの気孔から吸い取った空気中の二酸化炭素(CO2)を使って炭水化物(CmH2nOn)を作る。この炭水化物は植物自身の栄養になるので、光合成の目的は、炭水化物を作ることにあると言える。

光合成の仕組み

葉緑体

人工光合成

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目