触媒とは、自身を介して特定の化学反応を速めることができる物質であり、その物質自身は反応の前後で変化しない。

化学反応とは、物質が原子の組み替えによって異なる物質になることを指す。

光触媒とは、光が当たると働き始める触媒であり、ほぼ全ての有害物質を分解し無害化することができる。

 

光触媒の用途

  • 水を浄化する
  • 悪臭を分解し除去する
  • シックハウスガスを分解する
  • 大気中の汚染物質を除去する
  • 排ガスに含まれる有害物質を分解し除去する
  • 環境ホルモンを分解する
  • ダイオキシンを処理する
  • 土に染み込んだ有害物質を除去する
  • 雑菌やかびの繁殖を防止する
  • 果物や穀物を長持ちさせる
  • 藻やぬめりが付くのを防止する
  • 曇るのを防止する
  • 流出した原油を処理する
  • 雪の付着を防止する

以下に、光合成と光触媒の概念図を示す。

Photocatalyst_fig02

図:光合成と光触媒の概念図

参考:株式会社インテックス

参考文献

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目