蓄光材のように光が当たっていないときでも出る光である「リン光」と蛍光ペンのように光が当たっているときにしか出ない光である「蛍光」がある。吸収したエネルギーの使い方がそれぞれを構成している分子によって異なるためである。

リン光

蓄光材の分子は、他の分子と同じようにエネルギーを吸収してすぐにエネルギーを使おうとするが、このとき吸収したエネルギーを全て使わない。その残ったエネルギーを少しずつ光に変えてエネルギーを消費していくため、蓄光材は光が当たっていないときでも発光しているのである。

蛍光

蛍光ペンの分子は、吸収したエネルギーを全て光に変えてエネルギーを消費するため、光が当たっているときにしか光らないのである。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目