人間の身体において眼球がもっともレーザー光に弱く、レーザー光やその反射光を見てしまうと目を痛めたり失明をしたりする恐れがあるので注意が必要である。しかしその一方で、眼球内の眼の病気である網膜剥離には、レーザー光を使った手術が広く用いられている。

網膜とは眼球壁の奥にある多数の視細胞の集まりであり、ここで受けた光の刺激が大脳皮質に伝わることで、外界にある物体の色、形、動き、奥行きを認識できる。網膜剥離とは、病気や物理的ショックにより網膜が眼球壁から剥がれてしまい、視力や視野を失う病気を言う(図1)。

網膜が剥がれておらず裂けただけの状態であれば、それを塞ぐ治療にレーザーを用いた「光凝固法」が使われる。レーザー光を瞳孔から網膜の穴に集光・照射すると、集光点の蛋白質が凝固し裂け目を塞ぐことができる。外科手術を必要としないため、患者への負担を少なくすることのできる有効な手術方法である。

moumaku
図1 網膜剥離の概念図

 

参考文献

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目