CDやDVDの裏面は、鏡のように、可視光をまんべんなく反射する。しかし、実際には、CDなどの裏面は鏡にはならず、CDに白色光を当てると、いろんな色が見える。これは、CDなどに反射した光が広がり、その広がった光どうしが干渉して、強めたり、別の波長の色になったりするためである。裏面に、何かしらの色素が塗ってあるわけではない。

構造色の説明

このように微細な表面構造によって生み出される色を「構造色」という。自然界にも存在する。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目