フェムト秒レーザー (1フェムト秒 = 1000兆分の1)は1~100フェムト秒程度の超短時間だけ「超短パルスレーザー」を発生させる装置である。パルス光とは、一瞬だけ輝く光のことである。イメージ的にはカメラのフラッシュの10億分の1程度の時間しか輝かない光を思い出して欲しい。光は、秒速29万9793kmで移動するが、1フェムト秒で0.3マイクロメートルしか進めない。

 

femto_second

フェムト秒の光はレーザーしか作れない(白熱電球やLEDでは、時間的にもっと長く輝く光しか作れない)。

応用分野

フェムト秒レーザーは物理、化学、生命科学、医学、工学など幅広い分野で利用されている。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目