物質に光が当たるとき、その物質を構成している分子が光を吸収する。そして光を吸収すると分子が持つエネルギーが増加する。しかし分子はエネルギーが増加したままではいられないため、増加したエネルギーを使おうとする。

エネルギーの使い方は分子によって異なるが、大きく2つに分けることができる。

分子の運動

一つ目は、図1のように運動することである。太陽の光に当たると暖かくなるのは、体を構成している分子が太陽の光を吸収して増加したエネルギーを、運動して熱に変えているためである。

分子の発光

ニつ目は、吸収したエネルギーを光に変えて発光することである。蓄光材が発光するのは、蓄光材を構成している分子が光を吸収して増加したエネルギーを、光に変えているためである。その他にも、蛍光ペンのインクが紫外線を当てると光るのも紫外線のエネルギーを吸収して、そのエネルギーを光に変えているためである。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目