時間遅延装置は、テラヘルツ波時間領域分光法ではポンプ・プローブ法と呼ばれる計測法で利用されている。フェムト秒レーザー光をビームスプリッタでポンプ光(テラヘルツ波発生)とプローブ光(テラヘルツ波検出)に分割する。ポンプ光はテラヘルツ波発生器へと導かれるが、プローブ光は時間遅延装置へ導かれる。時間遅延装置では、二枚のミラーを直角に置いたマウントを移動ステージ上でスライドさせ光路長を変えている。

協和ファインテック社製品

FEMTOWAVE OROCHIの特徴

  • 最大スキャンレンジ: 60 ps、160 ps
  • 遅延分解能: ≦20 fs、≦10 fs
  • スキャン周波数: 10 Hz以下
  • 独自設計により振動の抑制モデルあり
  • リフレクタ位置のアナログ出力を同時に取得と計測

光響へのお問合せ