1. はじめに

光の電場は、その伝搬方向に直交する面内において、振動の向きに偏りを持つ。これは偏光といい、光の基本的性質の1つである。偏光計測は、単純に光の偏光状態を知るだけでなく、光学素子や様々な材料の構造解析などにおいても重要である。偏光状態を表す方法の1つに、ストークスベクトルがある。ストークスベクトルを構成する4つのストークスパラメータは、実測が可能な光強度から算出される。このため、一般的な偏光計測では、ストークスパラメータの測定が行われる。ここでは、ストークスベクトルについて説明し、その後、実際に用いられている偏光計の原理を簡単に述べる。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目