概要

光電効果とは、物質に光が当たると中から電子が飛び出てくる現象である。
光のエネルギーは E=hν/λ プランク定数:h = 6.626×10-34 Js で定義されている。よりエネルギーの大きい光の方が光電効果を生じやすい。


図1 光電効果の例

また、大きく分けて、外部光電効果と内部光電効果がある。

外部光電効果

物質に光を照射すると、電子(光電子)が物質の表面から放出される。この現象を外部光電効果、光電効果と言う。広義には電子のみならず、原子や分子が外部に放出される現象も含める。また、気体の原子や分子が自由電子を放出する光イオン化(英: photoionization、光電離)も広義の外部光電効果である。

光電子の放出は物質に一定の振動数以上の光を照射した時のみ発生する。このときの振動数を限界振動数 ν0 と言う。またその時の波長を限界波長 λ0 と言い、これらの値は物質に依存している。

内部光電効果

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目