レーザーを用いた流体計測技術はさまざまあり、写真あるいは高速ビデオ撮影によって液膜表面波挙動や液膜内速度場を観察する方法に、光発色性染料法(photochromic dye)や蛍光染料法(fluorescence dye)がある[1]。その他にも、近年のエレクトロニスの急速な発展に伴って、レーザー変位計は益々高性能化され、混相流計測技術への展開が今後十分に期待できる。以下、詳しく説明してゆく。

1.レーザー誘起蛍光法

この方法は、紫外光(UV)やレーザーなど特定波長領域の光による化学反応で発色したり、あるいは励起し蛍光を発する物質を作動流体中に微量溶解し、測定断面にシート状または点状のレーザー光(またはUV光)を連続的またはパルス状に照射し、発色または発光を観察するものである。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目