光トランシーバは電気信号と光信号を相互に変換するためのデバイスである。SFP(Small Form Factor Pluggable)、XFP(10G Small Form Factor Pluggable、XFPのXは10を意味するローマ字で、10Gbpsを表す。)、SFP+、QSFP、CFP4がある。SFP+は10GbEの標準的トランシーバとして幅広く採用されている。それぞれの光トランシーバについては参考文献を参照されたい。

参考文献

  1. 【CFP4の製品化】富士通プレスリリース,”100ギガビットイーサネットに対応した次世代のCFP4 MSAに準拠した光トランシーバの動態展示をOFC 2014において実施” (2014)
  2. 【CFPの中身】NTT, “小型低消費電力化を促進する100Gイーサ用光送受信モジュール,” (2013)
  3. 【SFP+の解説】CISCO,”SFP+”
  4. 【QSFPの解説】ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社, “40/100ギガビットイーサネットの登場!”
  5. 【光トランシーバ製品一覧】Finisar
  6. 【光トランシーバの歴史】大谷イビサ, “今こそ10GbE時代の必須知識を抑えよう SFP+って?日立電線に聞いた光トランシーバの基礎”,ASCII.JP x TECH(2009)