光アクセスシステムとは、通信事業者のビルとユーザ宅の間をアクセス区間と呼ぶ。このアクセス区間を構成する光ファイバー伝送システムを光アクセスシステムと呼ぶ。光アクセスシステムは、光配線形態の違いにより2つの方式がある。1つは、通信事業者のビルとユーザ宅を1対1で接続するSS(Single Star)方式である。SS方式は通信事業者が星【*】の中心で、星の頂点がユーザ宅のイメージである。もう1つは、1対多数に接続する方式であるPON(Passive Optical Network)。PON方式は*の各頂点で、光スプリッタにより、更に*が追加されるイメージである。PON方式は、PDS(Passive Double Star)方式とも呼ばれる。

下の動画はPON方式を示している。

SS

SS方式を採用している光アクセスシステムにはメディアコンバータがある。メディアコンバータとは、イーサネットにおいて信号を変換せずにそのまま伝送媒体(メディア)を変換(コンバート)する機能のある装置である。

SS方式は通信帯域を1ユーザが占有できるため高速イーサネットサービスで採用される(PON方式では、帯域がシェアされる)。拡張性が高く、装置構成がシンプルという特長がある。一方で、ユーザ数が多くなると設備量が増えてネットワークのコストが上昇する。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目