光アクセスシステムとは、通信事業者のビルとユーザ宅の間をアクセス区間と呼ぶ。このアクセス区間を構成する光ファイバー伝送システムを光アクセスシステムと呼ぶ。光アクセスシステムは、光配線形態の違いにより2つの方式がある。1つは、通信事業者のビルとユーザ宅を1対1で接続するSS(Single Star)方式である。SS方式は通信事業者が星【*】の中心で、星の頂点がユーザ宅のイメージである。もう1つは、1対多数に接続する方式であるPON(Passive Optical Network)。PON方式は*の各頂点で、光スプリッタにより、更に*が追加されるイメージである。PON方式は、PDS(Passive Double Star)方式とも呼ばれる。

下の動画はPON方式を示している。

SS

SS方式を採用している光アクセスシステムにはメディアコンバータがある。メディアコンバータとは、イーサネットにおいて信号を変換せずにそのまま伝送媒体(メディア)を変換(コンバート)する機能のある装置である。

SS方式は通信帯域を1ユーザが占有できるため高速イーサネットサービスで採用される(PON方式では、帯域がシェアされる)。拡張性が高く、装置構成がシンプルという特長がある。一方で、ユーザ数が多くなると設備量が増えてネットワークのコストが上昇する。

PON

PON方式は一定以上のユーザがいる場合に、SS方式よりもネットワークコストが低い。これは、2つ目のスターである受動光学素子の光スプリッタが、ユーザ数の増大をカバーする上で大きな役割を果すためである。SSとは異なり装置が複雑であるが、これは通信事業者からユーザへの下りデータの伝送先の選択(全ユーザに伝送させない)と、その逆の上りデータの衝突が起こらない仕組みが必要なためである。

PONには、B-PON(Broadband-PON)やGE-PON(Gigabit Ethernet-Passive Optical Network)、10G-PONがある。NTTのBフレッツはGE-PONである。
※GE-PONはIEEEではEPONと呼ばれている。

参考文献

  1. 【SSとPONの比較】NTT,”ブロードバンド光アクセス技術動向,” NTT技術ジャーナル, (2003)
  2. 【PONの歴史と図】NTT, “技術基礎講座【GE-PON技術】,” (2005)
  3. 【GE-PONの説明】”GE-PON,” NTT情報通信用語集
  4. 【PON技術の拡張シナリオ】吉本直人, “新たな時代を拓く 光アクセスシステムの研究開発,” NTTジャーナル,(2012)