通信では、通信では1、0などの信号を送信するが、100%の状態で受信できるとは限らない。受信側で識別する際のビット誤り率と、その後の誤り訂正が重要になる。ビット誤り率は光源や受信機で生ずる雑音を除去することで小さくできる。

光ファイバー通信には2種類の雑音がある。1つは受光素子であるフォトダイオードで発生するショットノイズ(ショット雑音)で、もう一つは電気回路で発生する熱雑音である。通信システムの設計では、ショット雑音と熱雑音の和が最も低くなるようにする必要がある。