光ファイバーは光の伝送損失が非常に小さい(< 0.2 dB/km@1550 nm、0.2dB/km@1625 nm)。しかし、光を数10kmなど非常に長い距離を伝搬させる場合は、光信号増幅器によって光信号を増幅させなければならない。

光増幅器には、光ファイバー増幅器と半導体光増幅器(SOA : Semiconductor Optical Amplifier)の2種類がある。光ファイバー増幅器(OFA : Optical Fiber Amplifier)は、さらにエルビウム添加光ファイバー増幅器(EDFA : Erbium Doped Fiber Amplifier)とファイバーラマン増幅器の2種類がある。

EDFA

EDFAは高利得、低雑音、偏波無依存という特長を持っている。増幅利得の波長依存性をキャンセルするため、利得等化フィルタ(Gain Flattering Filter)を用いて利得を平坦化している。増幅帯域を広帯域化するために光ファイバーへの添加材料を工夫するなど進化を続けている。

SOA

SOAはその名の通り半導体素子であり、小型で経済性がある(潜在的な低価格化が可能で、ランニングコストが小さい)。近年までSOAは入力光の偏波依存性が大きかったが、最近は低偏波依存の研究が進められている。利得もEDFAからの置き換えも進んでおり、今後の光通信で確実に利用は拡大される。

無料ユーザー登録

続きを読むにはユーザー登録が必要です。
登録することで3000以上ある記事全てを無料でご覧頂けます。
SNS(Facebook, Google+)アカウントが持っているお客様は、右のサイドバーですぐにログインできます。 あるいは、既に登録されている方はユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。
*メールアドレスの間違いが増えています。正しいメールアドレスでないとご登録が完了しないのでお気を付けください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目